医療安全管理部

はじめに
当院では、「医療に関わる安全対策をおこなう部門」として医療安全管理部を設置しています。
医療の質を向上させ医療の安全を推進するため、様々な事象に迅速かつ正確に対応するため、病院長直轄組織としていることが特徴です。

医療安全指針
  • 患者さんの安全確保を最優先とする。
  • 医療安全文化の醸成を目指します。
  • 患者さん・ご家族の方と一緒に事故防止に努めます。
医療安全管理部の主な活動内容
  • インシデント報告の収集と分析、再発防止対策の検討

    :現場のスタッフはヒヤッとしたりハットした事例に遭遇した時、インシデント・アクシデント報告制度として決められています。その事例の集計及び分析し、再発防止策を検討して現場と共に防止策を実行します。

  • 医療安全に関する現場の情報収集と実態調査

    :各部門で選任されたリスクマネージャーとともに、院内巡回・安全点検を行い、安全対策の実態を調査しています。

  • 医療安全マニュアルの見直しと徹底

    :医療安全マニュアルは、定期的に見直し、各部署で徹底するように努めています。

  • 医療安全に関する最新情報の把握と周知

    :色々な医療安全情報や多院での事例などをインターネットなどで最新情報を収集し、迅速に院内Web等を利用して周知に努めています。

  • 医療事故防止に関する職員への啓発

    :医療安全に関する講演会を全職員に対し、企画・運営し、改善事例発表会などを行い啓発に努めています。

  • 医療安全に関する教育研修の企画・運営

    :新規採用者の安全研修や職種別医療安全研修、医療の質向上のため、教育研修などを企画・運営しています。

  • 医療安全に関する患者・家族からの相談窓口

    :当院で受けられた医療行為(投薬・注射・検査・治療)などに質問や相談 があれば医療安全に関わる相談には、専門の担当者(医療安全管理者)が適切に対応いたしております。

医療安全提案メモ

  • 医療安全提案メモ

当院は、患者さんに対し、医療安全への積極的参加を求めております。当院職員は医療者の立場からみて、医療安全の観点からインシデント(ヒヤリしたこと、ハットしたこと)など情報を報告させ、医療安全管理部にて収集し、現場での改善に務めております。

患者さん・ご家族の立場からの情報収集を行い、当院で受けた医療行為(投薬・注射・検査・治療など)で患者さん・ご家族が「ヒヤリしたこと、ハットしたこと」又気づいたこと・アイデアなど私たち医療者が案外気づいていない”患者さんの視点”からの情報・提言を”医療安全提案メモ”にて、お寄せください。
貴重なご意見を医療安全への改善につなげたいと考えています。

医療安全包括的公表について

医療安全包括的公表データ

活動報告

医療安全講演会内容
  • 平成29年度 前期医療安全研修会

    平成29年7月6日

    「RST(呼吸サポートチーム)活動とVAP予防について」三宅健太郎 麻酔科医師
    「RRT(院内急変対応チーム)活動と事例報告」畑迫伸幸 集中ケア認定看護師

  • 平成28年度 後期医療安全研修会

    平成29年3月24日

    「TeamSTEPPS」
    近畿大学医学部附属病院 血液膠原病内科教授 安全管理部教授 辰巳陽一 先生

  • 平成28年度 前期医療安全研修会

    平成28年7月14日…1回目

    平成28年7月21日…2回目

    「使ってみよう!BACTWeb~感染管理支援システムの有効活用~」
    藤本佐希子 感染制御係長、椙村真裕 腎臓内科医師
    「病院機能評価受審に向けて!」戸谷ゆかり 医療安全管理室長

医療安全組織文化づくり宣言(第4版)

医療安全組織文化づくり宣言(第3版)

医療安全組織文化づくり宣言(第3版)

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ