診療科・部門

はじめに

海南病院では医療安全対策に関する事案の包括公表を行っています。

目的

患者の知る権利を保障し医療の透明性を確保するため、更に職員に医療安全の意識の向上と事故の再発防止に役立てることを目的とする。

対象

報告の対象となるものは、患者の生死にかかわる極めて重大なものに限らず、医療従事者の明白な過誤による事故のほか、過失がない場合でも予期しない薬剤などによる重大な副作用や、広く社会に警笛を鳴らす意義が大きいと考えられる報告もその対象としています。

医療安全報告レベル基準
区分 内容
レベル0 エラーや医薬品・医療用具の不具合がみられたが、患者さんには実施されなかった。
レベル1 患者への実害はなかった。(何らかの影響を与えた可能性は否定できない)
レベル2 処置や治療は行なわなかった(患者観察の強化、バイタルサインの軽度変化、安全確認のための検査等の必要性が生じた)
レベル3a 簡単な処置や治療を要した(消毒、湿布、皮膚の縫合、鎮痛剤の投与など)
レベル3b 濃厚な処置や治療を要した(バイタルサインの高度変化、人工呼吸器の装着、手術、入院日数の延長)
レベル4 永続的な障害や後遺症が残った。
レベル5 死亡(原疾患の自然経過によるものは除く)
公表基準及び内容

医療安全公表基準は、当院の採用するグレード分類にしたがって報告者の評価によるレベル区分、レベル0からレベル3bまでは包括的な資料として、発生件数及び医療安全対策委員会で検討した内容及び改善策・処置などを包括的公表とする。
レベル4、5の公表に関しては発生の原因が、病院側の過失が明らかである事例については、医療事故調査検証部会にて検討審議し、患者あるいはその家族等の同意及び医療関係者の同意を得て、病院長の決定により公表する。
但し、患者及び家族の同意が得られない場合は原則公表しない。また病院側に過失が無く、家族等の同意が得られた事案のみ原因と再発予防策を公表する。

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ