認定看護師紹介

透析看護認定看護師

青木 ひふみ

透析看護認定看護師とは、透析を受けている患者さんだけではなく、慢性腎臓病の患者さん、御家族の方すべてを対象とし、活動をしています。 腎臓の機能が低下すると、腎代替療法といわれる「血液透析」「腹膜透析」「腎移植」のいずれかの治療が必要となります。腎代替療法を選択するための自己決定への支援や、長期療養生活におけるセルフケア支援を行っています。 また、医師・栄養士など、他職種の方と連携し、患者さんや御家族が、より良い生活を送れるような関わりをしていきたいと思っています。

緩和ケア認定看護師

青木 ひふみ

緩和ケア認定看護師は、がん患者さんとその家族への支援に関して専門的な知識と技術の教育を受けた看護師です。がん患者さんの抱える心身の苦痛を緩和し、その人らしく生きられることを目標に支援を心がけています。現在、がん相談支援センターでの悩み相談、リンパ浮腫患者さんのケア、患者さん・ご家族への対応に悩む看護師の相談、緩和ケア看護の質向上のための看護師教育などを行っています。緩和ケアは、がんの病期に関係なく、受けることができますので、お気軽にご相談下さい。

緩和ケア認定看護師

岩本 貴子

緩和ケアチームの専従看護師として働いています。緩和ケアとは、思い病を抱える患者さんやそのご家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことで、終末期で治療ができなくなってから始めるのではなく、がんと診断されたときから始めることが大切です。がんを病んだ患者さんとそのご家族の思いに耳を傾け、寄り添い、独自性・日常性を尊重し、その人にあったやり方で支援することを心がけています。緩和ケアについてわからないことは、どうぞお気軽にご相談ください。

皮膚・排泄ケア認定看護師

川瀬 麻美

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、入院中やご自宅で床ずれを作らないための予防や、床ずれが早く直るように環境を整えたり、オストメイトの方が、手術前とできるだけ同じ生活ができるように、ストーマとストーマ周りの皮膚のケア、日常生活の悩みへのサポートを行うために専門的な知識と技術を取得した看護師です。他の医療スタッフと協力して、患者さんやご家族が安心して、入院生活や日常生活が送れるよう努めていきたいと思っていますので、お気軽にご相談ください。

感染管理認定看護師

藤本 佐希子

感染管理認定看護師の役割は、適切な感染防止対策及び管理を組織横断的に実践し、患者さん・ご家族および医療従事者・病院に関わるすべての人を感染から守ることです。
感染管理は組織全体に関わることが多く、多職種での協働が重要なため主に感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)で活動しています。
活動内容は院内ラウンドや、マニュアル作成、感染管理システムを活用し院内の感染症発生状況の把握・周知(サーベイランス)、職員教育です。
患者さん・ご家族のみなさんにも感染対策を実施するうえで手指衛生や咳エチケットなどお願いすることがありますがご理解とご協力をお願いします。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

新川 花絵子

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師とは、急性期の脳卒中患者さんの病態予測を行い、重篤化回避や廃用症候群予防と機能回復のためのリハビリテーションの知識・技術を取得した看護師です。脳卒中の患者さんは様々な障害を負うことで、それまでの生活や生き方を変化せざるを得ない場合が多々あります。その人らしさを尊重しながら、急性期から生活の再構築の視点を持った援助を心掛けています。脳卒中では医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーなどの多職種が協働して、患者さんやご家族を中心に効果的にチーム医療が行われるよう努めていきます。

救急看護認定看護師

徳滿 和実

救急看護認定看護師の役割は、地域・社会の救急医療ニーズに応え、病態の緊急度・重症度を基軸とし、あらゆる状況下で少ない情報から対象に応じた迅速でかつ確実な救命技術・救急看護後術を実践することです。救急患者さんは、時と場所を選ばず発生するため、救急看護は地域での救命技術指導から、救急外来での看護、病院内の急変に陥る前の対応、急変時の対応、災害時など様々な場面で必要となります。どんな人でもどんな場所でも対象となることがあります。「もしかしたら、救急看護?」と思うことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

渡部 充香

摂食・嚥下障害看護認定看護師とは、嚥下機能に障害をきたしている患者さんの状態を神経学的に評価し、患者さんに安全で効果的なリハビリテーション方法の検討や摂食条件など摂食・嚥下についての知識、技術を習得した看護師です。加齢や基礎疾患、栄養状態の悪化など様々な理由で嚥下機能は低下し、誤嚥しやすくなってしまいます。また、嚥下機能の低下は、誤嚥性肺炎や窒息のみならず脱水・低栄養や食べる楽しみの消失にもなります。摂食・嚥下リハビリテーションは、誤嚥のリスクが高く、医師、看護師だけでなく様々な病院スタッフとともにチームアプローチを行い、患者さんにとって安全で楽しい食生活がおくれるように努めていきます。

集中ケア認定看護師

畑迫 伸幸

集中ケア認定看護師は、生命の危機状態にある患者さんの病態変化を予測して、重篤化を回避するための知識・技術を修得し、実践する看護師です。循環器疾患や呼吸器疾患、脳神経疾患など、さまざまな患者さんに早期からの回復支援を行うとともに、集中的に看護を提供し、また、同様に精神的危機状況下にある患者さんのご家族にも援助を行うことを目的としています。現在は、集中治療室を主として重症患者さんや精神的危機状況にある家族支援を行っています。また、呼吸ケアチーム(RST)を通して、安全な人工呼吸器管理の定着化を目指して、回診を行っています。人工呼吸器管理や呼吸理学療法、生命の危機状態にある患者さんの看護など、気軽に相談してください!

がん化学療法認定看護師

加藤 有香

がん化学療法看護とは、化学療法を行う患者さんが安全に治療を受けられるように患者さんやその家族、看護スタッフのサポートを行います。
近年の化学療法は、副作用に対する研究も躍進し、副作用のコントロールが行えるようになってきました。そのこともあり、入院から外来への治療へと移行してきています。しかし、その反面、医療者が行っていた副作用の管理を患者さん自身が自宅で行っていかなければなりません。それには、患者さん自身に十分なセルフケア能力が必要であり、家族の協力も欠かせません。患者さんを中心としたチーム医療を行い、がんと診断されたその時から患者さんと関わり、患者さん自身で考え、意志決定ができ、「自分らしく生きていける」そのような支援ができる看護を目指していきます。

手術看護認定看護師

澤田 大和

現在、当院の年間手術件数は約5,000件です。救命救急センターの開設に伴い、今後ますます手術件数は増加することが予想されます。その中で、私たち手術看護師は、手術を受けられる患者さんとその御家族が、安心して周術期を送る事の出来るような取り組みを行う役割を担っています。
術中の合併症の予防・対策はもちろん、術前・術後管理や心理支援も含め患者さんとご家族のサポートをさせていただきます。
手術という大きなイベントは手術室ばかりではなく患者さん自身・外来・病棟その他多職種との連携と協力が不可欠です。手術看護認定看護師としてその橋渡し・調整役としての役割を担うと共に手術看護のレベルアップを図り、よりよい周術期を目指していきたいと思っています。

チーム医療の取り組み

各認定看護師職種
ICT(感染対策チーム)

ICTとはインフェクションコントロールチーム(Infection Control Team)の略称で、医師4名、看護師3名、薬剤師1名、検査技師2名から成り、院内感染などの発生防止に関し迅速かつ機動的に活動する感染対策の実働部隊です。
主な活動内容としては、患者さんやその家族、また職員など病院に関わるすべての人々を感染から守るため、院内各所の感染症発生状況の把握、職員への感染対策の教育や定期的な院内ラウンドなどを行っています。

NST(栄養サポートチーム)

すべての病気の治療に共通する最も基本的な治療は、栄養管理を適切に行うことです。
当院では、栄養療法を必要とする患者さんに対し、栄養状態を評価し、それに見合った栄養療法を選択・実施、評価を行い患者さんの生活の質を高め、医療レベルの向上を図ることを目的とし、医師(内科系・外科系)、看護師、栄養管理士、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士が協力して患者さんの栄養管理をチームで行っています。

PCT(緩和ケアチーム)

がんになると、患者さんもご家族もさまざまな苦しみや痛みを抱えます。
体の痛み(痛み、息苦しさ、だるさなど)もあれば、心の痛み(悩み、不安、眠れない、イライラするなど)、生活していく上での難しさに悩まされることがあります。緩和ケアチームでは、そのようながんの苦しみや痛みを和らげるために、活動しています。

RST(呼吸サポートチーム)

主に人工呼吸器を必要とする患者に対して、定期的な回診やカンファレンスを行っています。
RSTは医師、看護師、臨床工学士、理学療法士、歯科衛生士など多職種からなり、診療面のアドバイス、適正な人工呼吸器設定、合併症予防の対策、口腔ケアの指導など適正な呼吸管理を目的に活動しています。

  • 看護部紹介
  • 看護部の活動
  • 教育・研修制度
  • 採用情報

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ