◎最新情報については、お知らせをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症関連情報をインスタグラムでも掲載しています。
“kainan_hospital”で検索又は、こちらからご覧ください。

当院は、感染症指定医療機関としての使命を果たすべく、行政から依頼があった際は、新型コロナウイルス感染症の患者さんの入院診療を行うことがあります。
患者さんを受け入れる場合は、外来患者さんや付き添いの方と接触することがないよう感染防止対策を行います。
また、入院治療は感染症病棟の専用病室(陰圧室)で行います。他の入院患者さんに感染する心配はありませんのでご安心ください。

新型コロナウイルス感染症を心配される方へ

当院では、新型コロナウイルス感染症の疑いがある方であってもPCR検査は施行できません。
新型コロナウイルス感染症にかかっているかもと思われる方は、お住まいの都道府県の「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください。

新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(厚生労働省)

院内感染防止のためにも連絡なく、病院内に入ることはおやめください。

来院される皆さまへ

当院では、全職員の検温と体調チェックを行い、健康管理を徹底しています。
来院される皆さまも、入館時のマスクの着用・手指消毒・検温にご協力をお願いいたします。

  • 入館時の検温に伴い、正面玄関から館内への進入は一方通行としております。  
    再入館時にも検温をお願いしております。

外来患者さんへのお願い

外来待合において患者さんの密集を避けるため以下の感染対策に関して皆さま方にご協力をお願い申し上げます。

  • 入館時のマスク着用、手指消毒、検温
  • ソーシャルディスタンスの確保(できるだけ人と人との間隔を空ける)
  • 外来受診に付添いが必要な場合でも、付添いは1名まで
  • 予約受診の場合は、予約時間に合わせて来院する
    採血等の予約検査は、早朝からの来院を避け、予約時間の1時間前に来院する
    それ以外の検査がある場合は、検査の予約時間に合わせて来院する
    ※早く来院されても、受付順での対応にはなりません
  • 予約外受診の場合は、受付で診察予想時間を確認し、病院外で待機するか、一旦帰宅するなどして待合での密集を避ける

入院患者さんとご家族へのお願い

入院病棟へのウイルスの持ち込みを防ぎ、入院患者さんを守るため以下の感染対策に関して皆さま方にご協力をお願い申し上げます。

  • 病棟への立ち入りを禁止
    許可証をお持ちでない方の病棟への立ち入りはできません
    許可証は、医師や病棟看護課長の判断のもと病棟にて発行します
    【病棟立入許可証】 病院から来院要請した場合に発行
    【付き添い許可証】 小児の付き添いなど病院が必要と判断した場合に発行
    【荷物受渡し許可証】 患者さんご自身が1階まで下りて荷物を受け渡しできない場合に発行
    ※荷物の受け渡しは1週間に2回まで
    ※荷物の受け渡しはご家族が病院内で行う。病室への立ち入りは、1名のみ10分以内でお願いします。
  • 入院中は不要不急の外出・外泊を避ける
    外出・外泊する場合も、感染防止対策を徹底する
    ※人との接触を避け、マスク着用、手指衛生を励行

電話診察による処方

電話診察による処方をご希望される方は、下記PDFデータをご確認いただきお申し出ください。

ご支援いただきました皆さまへのお礼

多くの企業、団体また個人の皆さまより、心温まる応援メッセージやマスク等医療物資をいただいております。
皆さまの温かいご支援に職員一同大変勇気づけられております。心より感謝申し上げます。
当院はこれからも「和を大切に、心ある医療を」の海南精神のもと精一杯努めて参ります。

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ