特定看護師・認定看護師一部紹介

現在、当院では1名の特定看護師と14分野20名の認定看護師(令和3年6月現在)が在籍し、看護現場において「実践」「指導」「相談」を行い、看護ケアの広がりと質の向上をはかる活動をしています。

特定看護師

特定看護師・認定看護師

特定看護師は医師の作成した手順書を活用して、医師に代わって患者さんへ診療の補助を行う看護師です。特定看護師は特定行為研修を受講し、診療補助に関する実践的な理解力、思考力、判断力、医療手技を学び、様々なスキルを習得します。
海南病院では、特定看護師の習得スキルに合わせて「手術中の全身麻酔管理、呼吸器の設定変更、気管カニューレの交換、動脈からの採血、ドレーン類の抜去、点滴内容の選択、昇圧剤の調整」などを行います。
これからの診療補助行為の一つ一つが、患者さんの治療に繋がる責任重大な仕事になります。患者さんに安全かつ安心な診療補助が、リアルタイムに提供できるように、自身のスキルアップに精進していきたいと思います。

集中ケア認定看護師

特定看護師・認定看護師

集中ケア認定看護師は生命の危機的状況にある患者さんに対して、他職種と連携を取りながら合併症の回避やQOLを維持する役割を担っています。
ICUに入室することは患者さん、ご家族にとっても大きなイベントです。クリティカルケアでは少しでも日常生活に近づけるような環境調整や声にならない声を察知し、ニーズに応えていくスキルが求められます。ICU入室時より退院後の生活を見据えた援助ができるようにスタッフと共に頑張りたいと考えています。

感染管理認定看護師

特定看護師・認定看護師

感染管理認定看護師の役割は、患者さん、職員など病院に関わる全ての人を感染から守り、安全で安心な医療環境を提供することです。
主な活動は、院内の感染対策の状況確認と指導を行う院内ラウンド、手術における感染の発生状況を調査する医療関連感染サーベイランス、院内における感染管理の課題に取り組むことです。
感染対策は1人が一生懸命行っても、誰かが不十分だと破綻します。だからこそ、多職種、患者さん全ての人が実践できる感染対策を心がけています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

特定看護師・認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、その名の通り皮膚と排泄に関する専門的な知識と技術を持った看護師のことです。褥瘡(床ずれ)の管理やスキンケア、ストーマ保有者や排泄障害のある方に対して援助を行っています。当院では、ストーマ保有者のための専門外来にてケアの援助や生活相談への対応を行っています。さらに排尿ケアチームによって、入院中から外来まで排尿障害のある方へ排泄の自立を目指した援助を医師、病棟スタッフ、リハビリスタッフと協力して行っています。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

特定看護師・認定看護師

慢性呼吸器疾患看護認定看護師は、安定期・増悪期・終末期において、呼吸器疾患を患っている患者さん・ご家族に対し、ご本人が望む生活、大切にしている価値観、疾患に対する思いなどを傾聴し、これから過ごしていくうえで、どのようなことが必要かを共に考え支援させていただく役割を担っています。また、呼吸器看護の質向上を目指し、看護師を対象に予防活動や酸素療法等について教育的支援も行っています。

チーム医療の取り組み

> チーム医療の取り組みはこちら

  • 看護部紹介
  • 看護部の活動
  • 教育・研修制度
  • 採用情報

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ