診療案内

病理診断科

病理診断科は病理診断を主な業務とする診療科です。 病理診断は組織診と細胞診に大きく分けることができます。組織診と細胞診では取り扱う検体の種類が異なりますが、どちらも顕微鏡下に採取検体を観察して病気を診断することです。

組織診の標本は、生検や手術によって採取された“組織”検体から作製されます。組織診では、十分量の組織標本を観察することによって病名を確定診断することができます。また、病気の進行具合を把握したり、治療効果を評価することもあります。

一方、細胞診では、生検や手術で採取される組織検体と異なって、擦過や穿刺吸引などによって採取された“細胞”検体から標本が作製されます。細胞診では、悪性細胞の有無を判定したり、病名を推定診断することが可能です。

また、これらの組織診や細胞診の手段を用いて、術中迅速診断や病理解剖も行われています。

術中迅速診断は、手術方針を決めるために手術の最中に行う病理診断です。提出された検体を凍結させて標本を作製するので、20分程度で術者に結果を伝えることができます。手術後には摘出された手術検体から通常の組織標本が作製され、より詳細に検討されます。

病理解剖は、不幸にも病院で亡くなられた患者さんの死因や生前に行われた治療の効果などを確認するために行う解剖です。医療検証としての役割だけでなく、卒後医師教育や疫学的統計資料としての貴重な側面もあります。

病理診断科は、患者さんと直接対面して診察することはありません。しかしながら、組織や細胞を通して患者さんを診ている診療科なのです。

受診方法

当科では外来診療を行っておりません。

対象疾患・治療について

主な疾患と治療法
がん

ご存知のように、さまざまな臓器にさまざまな“がん”が発生します。がんの種類を詳細に知るためには病理診断が必要です。各診療科から提出された病理検体を用いて、病理診断科では病理診断を行っています。

入院の目安

当科では入院診療を行っておりません。

検査案内

当科では患者さんに直接検査を行うことはありません。

診療実績

病理診断科 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
組織診 6,962 7,265 6,892 6,612 6,990
細胞診 8,038 8,059 8,371 8,390 8,071
術中迅速診断 153 151 143 125 148
病理解剖 14 7 14 6 10

患者さんへ

当科では患者さんに直接診療を行うことはありません。

スタッフ紹介

石川 操

いしかわ みさを

病理診断科代表部長代理

  1. 診断病理学
  1. 日本病理学会 病理専門医
    日本臨床細胞学会 細胞診専門医
    厚生労働省認定死体解剖資格
    臨床研修指導医

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ