診療案内

放射線治療延べ患者数
放射線治療延べ患者数
※写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます。

放射線治療科では各種の悪性腫瘍に対してライナックによる外照射治療を行っています。
主科の医師との協力のもと、化学療法併用照射や多分割照射等により治療効果の改善に努力しています。
また平成28年には最新の治療機器が導入され、画像誘導によるIMRT(強度変調放射線治療)やSRS(定位的放射線治療)、SBRT(体幹部定位的放射線治療)等の高精度治療を駆使して、なるべく病気の部位に狙いを絞って照射し、正常な部分へあたる放射線を少なくするように努力しています。放射線治療を受けられる患者さんのうちおよそ半分程度の方は外来通院での治療が可能です。
院内他科からの御紹介患者さんだけではなく、近隣の他病院からの御紹介患者さんの治療も行っています(他病院からのご紹介の場合は別記のように当科での入院治療は出来ませんのでご注意ください)。
当院で放射線治療を受けられる患者さんの数は年々増加しています(グラフ参照)。

受診方法

原則的に主科の医師より紹介いただいて治療を行います。他病院からの紹介の場合は、地域医療連携センターを通じて予約を取っていただくようにお願いいたします。別記のように当科では入院治療が出来ませんので入院が必要な場合は、まず関連科に紹介いただいて入院の相談をしていただくようにお願いいたします。

外来担当医はこちら

対象疾患・治療について

  • 喉頭がん・放射線治療前
    喉頭がん・放射線治療前
  • 喉頭がん・放射線治療後
    喉頭がん・放射線治療後

放射線治療では多種のがんの治療を行っていますが、早期の喉頭がんでは手術せずに(声を失うことなく)完治が期待できます(右図)。
当院でのこれまでの治療成績では、 喉頭がんの早期例29例の治療では5年粗生存率83.7%、5年原病生存率91.8%です。
また、放射線治療には密封小線源治療が必要となる場合がありますが、当科は名古屋大学の放射線治療部門と連携をとっており、密封小線源治療が必要な場合には名古屋大学病院にて施行していただいています。
放射線治療を行った患者さんのデータは放射線治療データベースに保存され、治療成績の検討や他院への紹介時の資料として利用可能です。

入院の目安

当科は入院ベッドを持ちませんので、入院での治療が必要な場合は、あらかじめ主治医先生より関係科に紹介・入院依頼をしていただくようにお願いいたします。

検査案内

高精度放射線治療装置H28年10月稼動

  • ライナック:エレクタ製・Infinity
  • 画像誘導装置:Brain lab製・Exactrac
  • 治療計画装置:エレクタ製・Monaco

診療実績

原発巣別新規患者数(新患実人数)

注)治療機器更新工事のため、H27年度の治療期間はH27年4月1日~H27年8月31日までの5ヶ月間のみ。H28年度の治療期間はH28年10月1日~H29年3月31日までの6ヶ月間のみ。

放射線科 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
脳・脊髄 腫瘍 12 6 2 2
頭頸部腫瘍(甲状腺腫瘍を含む) 20 27 9 9
食 道 癌 21 17 7 7
肺癌・気管・縦隔腫瘍(うち肺癌) 71(70) 70(69) 18(18) 33(32)
乳 癌 63 62 27 27
肝・胆・膵癌 9 7 3 4
胃・小腸・結腸・直腸癌 20 13 6 14
婦人科腫瘍 9 15 7 6
泌尿器系腫瘍(うち前立腺癌) 45(25) 62(41) 19(17) 34(21)
造血器リンパ系腫瘍 18 6 5 6
皮膚・骨・軟部腫瘍 1 1 0 2
その他(悪性腫瘍) 3 4 1 1
良性疾患 5 8 0 3
15歳以下の小児例 (内数)0 (内数)0 (内数)0 (内数)0
定位的照射(SRS) (内数)0 (内数)0 (内数)0 (内数)7
体幹部定位的照射(SBRT)   (内数)0 (内数)0 (内数)2
強度変調放射線治療(IMRT)   (内数)0 (内数)0 (内数)6

スタッフ紹介

堀川 よしみ

ほりかわ よしみ

放射線治療科代表部長

  1. 放射線治療
    画像診断
  1. 日本医学放射線学会 専門医
    日本放射線腫瘍学会 認定医
    臨床研修指導医

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ