診療案内

当院耳鼻いんこう科では、耳・鼻・ 咽(鼻の突き当たりから舌のつけ根まで)・候(喉頭、声帯)・頚部(首)までの病気や機能の異常を扱っていま す。
外科的疾患は、良性腫瘍、悪性腫瘍、外傷、内科的疾患は、めまい、音声言語障害、嚥下障害、顔面神経、唾液腺、甲状腺異常などについ て扱っています。外傷は口腔外科や形成外科と協力して手術をすることもあります。常勤医師が3名いますので扁桃摘出術や副鼻腔炎、声帯ポリープの手術はもちろん、真珠腫性中耳炎や甲状腺、頚部腫瘍の手術も行っています。頭頸部癌の治療は大学病院や癌センターと連携していますので手術の相談やセカンドオピニオンについてもスムーズに対応できます。抗癌剤・放射線治療をしたり、 大学病院の医師と協力して手術をすることもあります。
また最近クローズアップされている睡眠時無呼吸症候群に、簡易型無呼吸検査機器(アプノミニター)を貸し出して自宅での検査対応をしています。他の疾患の重複や重症例には名古屋市立大学病院の睡眠センターに協力いただいています。花粉症の鼻づまりを緩和するレーザー治療も日帰りで対応しています。 耳鼻いんこう科の診療内容をよく知りたい、あるいは気になる病気や障害がある場合には気軽にご相談ください。

外来担当医はこちら

対象疾患・治療について

頭頚部腫瘍、嚢胞

耳鼻いんこう科領域における腫瘍は、良性腫瘍の場合、手術療法が 主流です。悪性腫瘍の場合、進行度・年齢・その他疾患の合併を考慮して治療法を決定します。大がかりな手術が必要と判断される場合は癌センターや大学病院に紹介させていただくことがあります。

耳疾患

基本的には保存的療法を施行します。難治性中耳炎、慢性穿孔性中耳炎、真珠腫性中耳炎などの患者さんで必要性があれば鼓膜形 成術、鼓室形成術を施行します。滲出性中耳炎の場合、保存的治療に抵抗すればチューブ鼓膜留置術を施行します。

鼻疾患

鼻疾患の場合も基本的には保存的療法を施行します(内服、点鼻薬等)。難治性の副鼻腔炎の場合、鼻茸摘出術、副鼻腔手術を施行します。副鼻腔手術の場合、硬性鏡を用いて内視鏡手術を施行します。アレルギー性鼻炎に対しては薬物療法が 主流ですが、レーザー治療や手術療法も行っています。

扁桃、咽頭、喉頭疾患

扁桃周囲膿瘍、喉頭蓋軟骨膜炎などの重患者さんについては入院治療を考慮します。基本的に炎症性疾患は内服、点滴、ネブライザー等の保存的治療が中心です。発熱が頻回の患者さん、扁桃病巣感染症が疑われる患者さんについては扁桃摘出術を施行します。睡眠時無呼吸症候群、いびき症の患者さんについても適応があれば手術にて対処します。

めまい疾患

基本的には、内服・点滴対応します。初期には神経症状や画像所見に異常が認められないものの 後々脳梗塞や脳出血がはっきりしてくることがありますがそういった場合、神経内科や脳外科と連携して対応します。

末梢性顔面神経麻痺

保保存的治療が基本ですが、誘発筋電図検査にて予後不良と判定される患者さんや重患者さんに対して顔面神経減荷術や鼓室内ステロイド注入治療を大学病院に依頼することがあります。

異物

外耳道異物、鼻腔異物などがあります。異物の種類・場所によっては全身麻酔をかけて摘出術を行うことがあります。

形成手術

鼻骨整復術を行っています。複雑な偏位にたいしては形成外科と協力して対応します。

入院の目安
区分 入院期間
手術の入院期間・・・癌の手術(1ヶ月程度)、鼓室の手術(2週間程度)、以外は7日程度の入院で対応しています。
鼓膜チュービング、耳瘻孔摘出術、鼓膜穿孔閉鎖術 全身麻酔で行うと2泊3日
抗癌剤の点滴治療 2~3クール行うことが多く1~1.5ヶ月程度
放射線治療 基本外来で行いますが約1.5ヶ月間、土日以外毎日照射
めまい・急性感染症(喉頭蓋炎・扁桃炎・リンパ節炎) 症状が落ち着けば、休日でも希望日に退院可能

診療実績

耳鼻いんこう科 平成26年度 平成27年度 平成28年度
鼻閉改善手術 44 51 15
ESS(内視鏡的副鼻腔手術)     33
鼻腔粘膜レーザー焼灼術 14 7 3
口蓋扁桃摘出 84 87 84
アデノイド切除術 57 40 49
鼓膜チュービング 34 42 60
鼓膜形成術 2 4 2
鼓室形成術 2 0 0
気管切開術 16 15 16
顎下腺の手術 1 9 7
耳下腺の手術 10 4 13
甲状腺の手術 2 7 4
喉頭微細手術 8 6 1
リンパ節生検 19 15 26
口腔内唾石摘出術 5 3 2
正中頚囊胞摘出術 2 5 1
耳瘻孔摘出術 5 9 12
頚部のアテローム摘出術 2 1 1
深頚部膿瘍開放術術 2 2 7
その他 20 6 4

スタッフ紹介

原田 生功磨

はらた いくま

耳鼻いんこう科代表部長

  1. 耳鼻いんこう科一般
    頭頸部外科
    補聴器診療
  1. 日本耳鼻咽喉科学会 専門医・専門研修指導医
    臨床研修指導医
    日本がん治療認定医機構 認定医
    日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
    補聴器適合判定医師

山中 一弘

やまなか かずひろ

耳鼻いんこう科外来部長

  1. 耳鼻いんこう科一般
  1. 日本耳鼻咽喉科学会 専門医
    臨床研修指導医

                 

石川 元基

いしかわ もとき

医員

  1. 耳鼻咽喉科一般

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ