診療案内

当院耳鼻いんこう科では、耳・鼻・咽頭(鼻の突き当たりから舌の付け根まで)・喉頭(声帯の周囲)、頸部(くび)の病気、機能障害を対象に診療をおこなっています。
具体的には、腫瘍(悪性を含む)、頭頸部の外傷、嚥下障害(手術を行うこともあります)、めまい、音声言語障害、顔面神経疾患、唾液腺、甲状腺の病気などが挙げられます。

外来担当医はこちら

対象疾患・治療について

頭頸部腫瘍(悪性含む)・頭頸部疾患

いわゆる悪性腫瘍(がん)の場合、最新の治療ガイドラインに準じて、手術療法、放射線療法、化学療法(がん免疫療法も含む)などを組み合わせて治療を行います。手術についは、可能な限り当院で行いますが、形成外科的な再建外科手術が必要な場合や症例によっては大学病院やがんセンターに紹介させていただくことがあります。良性腫瘍については、なるべく創が目立たないよう、心がけて手術を行っています。
放射線治療の場合、放射線治療科と相談の上、(一部のがんを除いては)副作用の少ないIMRT(強度変調放射線治療)という放射線治療を行っています。また化学療法を行う場合、全国の耳鼻咽喉科で標準的に行われている治療法の全てに対応しています。

耳疾患

基本的には処置を中心とした治療を行っています。中耳の手術が必要な場合は、大学病院に紹介となります。滲出性中耳炎の場合は、最新のガイドラインに基づき、なるべく手術を避けるべく改善を目指しますが、治療に抵抗性の場合は鼓膜チューブ留置術を行います。

鼻疾患

副鼻腔炎では、まず薬物、処置などの治療により改善を目指しますが、難治性の場合や、手術が必要な症例については、主に内視鏡を用いた手術を行っています。
アレルギー性鼻炎に対しては、薬物療法が中心ですが、レーザー治療や、手術療法も行うこともあります。またスギ、ダニアレルギーについては舌下免疫療法による根治的治療を行っています。

扁桃、咽頭、喉頭疾患

炎症の場合、内服や点滴での治療を行います。扁桃炎の重症例、扁桃周囲膿瘍、喉頭蓋炎などの重症患者さんについては、入院治療となる場合もあります。発熱を頻回に繰り返す患者さん、扁桃病巣感染症が疑われる患者さんについては手術(口蓋扁桃摘出術)を行います。睡眠時無呼吸症候群、いびき症の患者さんについて、手術が良いと判断した場合は手術療法を行います。

めまい疾患

点滴や内服療法で対応します。発症初期には神経症状や画像所見に異常がないものの、脳梗塞や脳出血の可能性がある場合は、神経内科や脳外科と連携して治療を行うこともあります。

末梢性顔面神経麻痺

基本的には薬物治療を行いますが、誘発筋電図検査で神経回復について改善が難しいと判定される患者さんや、重症例については大学病院に紹介となることがあります。

異物

外耳道異物、鼻腔異物などがあります、異物の種類、場所によっては全身麻酔下での摘出術を行うことがあります。

形成手術

鼻骨骨折に対し、鼻骨整復術を行っています。複雑な骨折、偏位に対しては形成外科と協力し手術を行います。

入院の目安
区分 入院期間
手術の入院期間・・・癌の手術(1週間~1ヶ月程度)、以外は7日程度の入院で対応しています。
鼓膜チュービング、耳瘻孔摘出術、鼓膜穿孔閉鎖術 全身麻酔で行うと2泊3日
(小児の場合 1泊2日)
抗癌剤の点滴治療 1コースあたり1・2週間程度
入院・退院を繰り返し複数回行うこともあります
放射線治療 基本外来で行いますが約1.5ヶ月間、土日以外毎日照射
めまい・急性感染症(喉頭蓋炎・扁桃炎・リンパ節炎) 症状が落ち着けば、休日でも希望日に退院可能

診療実績

耳鼻いんこう科 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
鼻閉改善手術 44 51 15 10
ESS(内視鏡的副鼻腔手術)     33 40
鼻腔粘膜レーザー焼灼術 14 7 3 7
口蓋扁桃摘出 84 87 84 78
アデノイド切除術 57 40 49 47
鼓膜チュービング 34 42 60 51
鼓膜形成術 2 4 2 1
鼓室形成術 2 0 0 1
気管切開術 16 15 16 12
顎下腺の手術 1 9 7 4
耳下腺の手術 10 4 13 11
甲状腺の手術 2 7 4 3
喉頭微細手術 8 6 1 0
リンパ節生検 19 15 26 20
口腔内唾石摘出術 5 3 2 1
正中頚囊胞摘出術 2 5 1 0
耳瘻孔摘出術 5 9 12 8
頚部のアテローム摘出術 2 1 1 0
深頚部膿瘍開放術術 2 2 7 4
その他 20 6 4 0

スタッフ紹介

原田 生功磨

はらた いくま

耳鼻いんこう科代表部長

  1. 耳鼻いんこう科一般
    頭頸部外科
    補聴器診療
  1. 日本耳鼻咽喉科学会 専門医・専門研修指導医
    臨床研修指導医
    日本がん治療認定医機構 認定医
    日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
    補聴器適合判定医師

関谷 真二

せきや しんじ

耳鼻いんこう科医長

  1. 耳鼻いんこう科一般
  1. 日本耳鼻咽喉科学会 専門医


                 

石川 元基

いしかわ もとき

医員

  1. 耳鼻いんこう科一般

川村 早紀

かわむら さき

医員

  1. 耳鼻いんこう科一般

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ