診療案内

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟は、進行または再発したがん患者さんを対象とした入院施設です。 以下に、当施設の概要、医療とケアの内容、入院のご相談と手続き、費用などに ついてご案内いたします。

施設の概要

病床数はすべて個室の18床(室料差額なし)で、ほかに談話コーナー、面談室、家族キッチン、家族控室、浴室などを備えています。これらの施設は、ご家族や知人との交わりの時間を十分取っていただいたり、催し物などを楽しんでいただく環境を提供しています。また面会、消灯時間などの制限もないため、療養の場であるだけでなく、生活の場でもあるように配慮されています。平成27年7月には、病棟の移転に伴い、 屋上庭園が完成しました。憩い・くつろぎの場として、是非ご利用ください。

医療とケアの内容

がんの進行に伴う痛みや苦しみのある患者さんやそのご家族に対して、医師、看護師及び臨床心理士などのスタッフがそれぞれの専門性をいかしつつ、チームを組んで対応いたします。当病棟では、がんに対する治療(化学療法など)は行いませんが、当院には、各診療科や訪問看護ステーションなどが充実していますので、総合的なケアを提供できる体制が備わっています。

入院のご相談と手続き

当病棟に入院を希望される方は、当科外来(入院相談外来)を受診いただきます。外来は、全て紹介予約制で、外来受診から入院までの手続きについては、以下のようになります。

                

緩和ケア病棟

外来受診から入院まで
  • 主治医に、当病棟への入院について相談、当科外来(入院相談外来) の受診に必要な紹介状(診療情報提供書)の作成を依頼ください。

  • 当科外来(入院相談外来)の予約
    ※現在入院中または通院中の医療機関を通じて、当院地域医療連携センターに 予約を申し込みください。
    尚、受診当日には、紹介状並びにその他資料などがあれば必ずご持参ください。

    ■緩和ケア内科外来(入院相談外来)

    日時: 月、木曜日(祝・休日を除く);10:00、11:00 各1名ずつ
    担当: 医師 田嶋、大橋、看護課長 田上
    場所: 海南病院診療棟(C棟)4階 緩和ケア病棟 診察室

  • 緩和ケア病棟への入院を希望される場合は、予約いただき、後日当病棟の 都合がつき次第、ご入院いただきます。

    問い合わせ窓口(代表;0567-65-2511)
    外来予約について;地域医療連携センター
    外来予約以外の問い合わせ;緩和ケア病棟
    受付時間: 月~金(祝日除く) 9:00~16:00

  • 緩和ケア病棟
  • 緩和ケア病棟
入院費用

医療保険が適用され、緩和ケア病棟入院料にしたがって算定されます。

患者さんへ

皆様からよくある質問
緩和ケア病棟って、どんな病棟ですか。

がんによる痛みや不安などの身体的・精神的な苦しみなどを少しでも軽減し、その人らしく過ごしていただくためのケアを提供する施設です。患者さんの思いや望みを支えるだけでなく、介護されるご家族を支えることも大切なこととして行っています。

入院の対象となるのはどのような時ですか。

自宅で介護していたが病状が重くなってきて自宅で看るのは難しい、あるいは苦しみを和らげるために必要な薬の種類や量を決めるなど、患者さんの状態や、ご家族の介護の状況に合せてご利用していただいています。

病名を知っている必要がありますか。

病気を背負って生きていかれる患者さんにとって、自分の病状について十分知ることは、今後の治療や生活を考えていく上で非常に大切です。しかし、現状では、病名告知にも種々の事情が伴っているため、当病棟ではご入院に際し、ご家族とも相談しながら適切に対応していきます。

よくホスピスとも言われますが、緩和ケア病棟との違いはありますか。

ホスピスとよぶ施設と緩和ケア病棟とよぶ施設がありますが、目的とするケアは同じです。ホスピスの暖かなおもてなしの伝統と、症状コントロールに現代医学の成果を生かすこと、そしてチームを組んでケアしていくこと、この3者の揃った施設であることを明確にするために、緩和ケア病棟という名称を選ぶ施設が増えています。

スタッフ紹介

田嶋 学

たじま まなぶ

緩和ケアセンター長 兼
緩和ケア内科代表部長

  1. 緩和ケア内科
  1. 日本内科学会 総合内科専門医
    日本肝臓学会 専門医
    日本消化器病学会 専門医
    臨床研修指導医

青木 佐知子

あおき さちこ

緩和ケア内科部長

  1. 緩和ケア内科
  1. 日本内科学会 認定内科医
    日本結核病学会 結核抗酸菌症認定医
    臨床研修指導医

大橋 洋平

おおはし ようへい

非常勤

  1. 緩和ケア内科
  1. 日本内科学会 総合内科専門医
    臨床研修指導医              

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ