診療案内

放射線治療科ではライナック(リニアック、LINAC、直線加速器)より発生する高エネルギーエックス線、電子線を用いた外照射治療を行っています。対象は腫瘍性疾患(悪性、良性)のほか、血管奇形、ケロイド、甲状腺眼症などの非腫瘍性疾患となります。
平成28年には定位照射、強度変調放射線治療、画像誘導など高精度治療に対応可能な最新のリニアックが導入され、根治的治療から症状緩和に至るまで画像誘導により治療精度が向上しました。また頭部、肺の限局した病変を対象に定位照射に対応しています。
令和3年より専門医2名による診療体制となり強度変調放射線治療(IMRT, intensity-modulated radiotherapy)の保険診療を開始しました。
各疾患の関連診療科との連携のもと、病変に対する十分な線量担保とともに正常組織の線量軽減に努め、治療効果と機能温存のバランスにできるだけ配慮しています。
放射線治療を受けられる患者さんのうちおよそ半分程度の方は外来通院での治療が可能です。
院内各診療科からの紹介に加え、近隣他病院からの紹介患者さんの治療も行っています(他病院から御紹介いただく場合は、別記のように当科での入院治療は出来ませんのでご注意ください)。

受診方法

原則として各疾患専門の当該診療科との連携のもと、主治医、担当医より紹介いただき治療を行います。他病院から御紹介いただく場合は、地域医療連携センターを通じて予約を取っていただくようお願いいたします。入院での治療が必要な場合は、当科では病床を有していないため、まず関連診療科に御相談、御紹介いただくようお願いいたします。

外来担当医はこちら

対象疾患・治療について

早期の喉頭がんでは手術せずに(声を失うことなく)完治が期待できます(図)。

  • 喉頭がん・放射線治療前
    喉頭がん・放射線治療前
  • 喉頭がん・放射線治療後
    喉頭がん・放射線治療後
対象疾患

各種悪性腫瘍(がん・肉腫)
良性腫瘍(主に頭蓋内、髄膜腫、神経鞘腫など)
甲状腺眼症、ケロイド(術後照射)、血管奇形(主に脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、)

根治照射

放射線治療単独、化学療法(薬物療法)併用(同時・逐次)

術前照射・術後照射

放射線治療単独、化学療法(薬物療法)併用(同時・逐次)

強度変調放射線治療

強度変調回転照射(VMAT)、異線量同時照射法(SIB-VMAT)
各種の限局した固定癌(根治、再発、転移)

定位照射

脳、頭頸部、肺、肝臓、腎臓、脊椎、脊髄、オリゴ転移(少数個)など

また、早期肺癌では動画により腫瘍の動きを確認して腫瘍部位のみに正確に照射するSBRTという治療法を行っています。これにより強い副作用無く治療する事ができます。

脳の定位照射では従来の適応を超える大きさでも適切な分割定位照射が有用な場合があります。

肺腫瘍に対する定位照射の例。大腸がんでも局所へ十分な線量を付与することにより緩徐ながら縮小効果が得られます。

他の局所療法が適用困難な肝臓がん(原発、転移)に対し定位照射、強度変調定位照射が有用な場合があります。

骨転移に対する緩和照射では高精度照射を活用することで痛みなど症状の緩和だけでなく長期の局所制御が得られる場合があります。

放射線治療を行った患者さんのデータは放射線治療データベースに保存され、治療成績の検討や他院への紹介時の資料として利用可能です。

入院の目安

当科は入院ベッドを有していませんので、入院での放射線治療が必要な場合は、あらかじめ主治医より当院の関連診療科に紹介・入院依頼をしていただくようお願いいたします。

検査案内

高精度放射線治療装置H28年10月稼動

  • リニアック: Infinity(エレクタ)
  • 画像誘導システム: ExacTrac(ブレインラボ)
  • 治療計画システム: Monaco(エレクタ)
  • 治療計画支援システム:MIM Maestro(ユーロメディテック)

診療実績

原発巣別新規患者数(新患実人数)

高精度放射線治療実施件数

注)H27年度は治療機器更新のため治療期間はH27年4月1日~H27年8月31日までの5ヶ月間のみ。H28年度はH28年10月より治療再開。

放射線治療 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
脳・脊髄 2 15 9 6 5
頭頸部(甲状腺を含む) 9 12 18 24 24
食 道 7 16 12 9 17
肺・気管・縦隔(うち肺) 33(32) 75(75) 76(76) 72(72) 85(84)
乳 腺 27 74 53 30 42
肝・胆・膵 4 7 8 5 8
胃・小腸・結腸・直腸 14 20 11 18 15
婦人科系 6 2 5 4 12
泌尿器系(うち前立腺) 34(21) 77(57) 57(47) 65(53) 54(42)
造血器リンパ系 6 18 20 20 17
皮膚・骨・軟部 2 3 1 4 1
その他(悪性腫瘍) 1 0 2 3 2
良性疾患 3 3 4 1 1
脳定位的照射(SRS/SRT) 7 14 15 11 9
体幹部定位的照射(SBRT) 2 13 7 17 11
強度変調放射線治療(IMRT) 0 0 0 0 29
画像誘導放射線治療(IGRT) 1,062 2,914 2,586 2,808 4,064
回転原体・4門以上照射 84 205 134 134 164

スタッフ紹介

大宝 和博

おおたから かずひろ

放射線治療科代表部長

  1. 放射線治療
  1. 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会 放射線治療専門医
    日本医学放射線学会 研修指導者
    がん治療認定医機構 がん治療認定医
    臨床研修指導医
  1. 日本放射線腫瘍学会
    日本医学放射線学会
    日本定位放射線治療学会

堀川 よしみ

ほりかわ よしみ

  1. 放射線治療
    画像診断
  1. 日本医学放射線学会 専門医
    日本放射線腫瘍学会 認定医
    臨床研修指導医

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ