入院支援センターについて

入院が決まりましたら、外来より入院支援センターをご案内します。専従看護師と薬剤師が個別に面談をさせていただき、入院に必要な事柄の説明や確認をさせていただきます。 入院に際して、ご不安な点等がございましたらご相談ください。
入院支援センターでは安心して入院治療が受けられるよう入院前から支援させていただきます。

入院支援センターの役割
  • 入院日・時間の確認
  • 入院に際しご用意いただく身の回りのものや書類についての説明
  • 当院の入院設備についての説明
  • 患者さんの日常生活の様子などの生活習慣についての確認
  • 既往歴の確認
  • 内服薬等の確認と休止する薬の確認
  • 介護保険等の利用についての確認
  • ご不安な点等の相談  など
場所 AB棟1階

※内服薬の確認はお薬手帳や内服薬そのものをお持ちいただき、必要に応じて薬剤師と連携を取り、安全に治療を受けていただけるよう内容の確認をさせていただきます。
※また、介護保険や限度額適用認定証などの申請をご希望される方には、医療相談員や医事課と連携をとり、申請方法等についてご案内します。


入院当日は、入院予定時刻にお越しいただき、入院支援センターから病棟へご案内します。

入院支援センターについて

入院手続き

入院日が決定されたのち、事情により変更や取り消しを希望される場合および入院に関するお問い合わせは受診科の受付にご連絡ください。

入院に際しご準備いただくもの
  • 入院申込書・面会案内について、同意書(手術、検査を受けられる方)、寝具借用書、緊急連絡先・室料差額同意書(差額が必要な場合)、入院時問診票に必要事項を記入しご持参ください。
  • 保険証(医療・介護)、診察券、福祉医療受給者証(子ども、障がい者、難病医療の方)、限度額適用認定証(お持ちの方)、農協組合員証(お持ちの方)をご持参ください。
  • 寝衣、洗面用具、タオル、バスタオル、ティッシュペーパー、オムツ(必要な方)、歯ブラシ、入浴用具(石けん、シャンプー、リンス) など、下着類、すべりにくい履き物等をご持参ください。準備品の詳細については“入院のご案内”冊子をご確認ください。
    *各々ショップ(売店)でも販売しております。
  • 入院中に必要な衣類・日用品・オムツのレンタルセット(CSセット・洗濯つき)があります。レンタルをご希望の場合は“入院のご案内”冊子の差し込みチラシより申し込み方法をご確認ください。

準備する書類と物品

お薬の確認について

  • 患者さんがご使用になられている薬剤の把握のため、入院時に、現在使用されているお薬を、全てご持参ください。

    (お薬は袋から出さず、お名前の記載してある袋ごとご持参ください。)
    (お薬手帳や薬剤情報提供用紙をお持ちの方は一緒にご持参ください。)

  • 健康食品など、毎日お飲みのものがありましたら、ご一緒にお持ちください。
  • お薬などは入院された病棟の看護師にお渡しください。
    薬剤師がお薬の内容を確認します。入院治療において必要なお薬は、入院中も継続して使用していただくことがあります。
    また、入院中に使用する薬との重複投与や相互作用がないように確認をおこないます。

準備する書類と物品

入院生活

  • 食事について

    • 食事時間は朝食7:30以降、昼食12:00以降、夕食18:00以降です。
      (食事時間は前後することがあります。)
    • 毎食A・Bの2種類のメニューより選んでいただける選択メニューを導入しています。  治療上、選択できない場合があります。
    • 安静度の制限のない方は、食堂・ディルームをご利用ください。
    • 食堂に電子レンジが設置してありますのでご利用ください。
    • 治療食の方で病院食以外の飲食物は、主治医の許可が必要です。
  • 面会について
    ※入院患者さんへの新型コロナウイルス感染を防ぐため原則、面会はお断りしております。
    ※電話での病状のお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。
    ※病棟への立ち入りには、許可証が必要です。

  • 入浴について

    入浴・シャワーに関しては主治医の許可が必要です。浴室の利用方法などにつきましては、看護師にお尋ねください。

  • 消灯について

    21:00に廊下の消灯をさせていただきます。22:00になりましたら室内灯、テレビ、ラジオ、電子機器等を消して静かにおやすみください。(必要時、枕灯をご利用ください。)

  • 洗濯について

    • 各病棟に洗濯室がありますのでご利用ください。(6:00~21:00)
      洗剤は各自ご用意ください。洗濯機はテレビカードでご利用いただけます。
    • ショップ(売店)で洗濯の代行を行っていますのでご利用される方は、ショップ(売店)に直接お問合せください。
      問い合わせ先:ショップ(売店)(教育研修棟1階) TEL0567-55-8162
      *ご不明な点がありましたら、病棟スタッフまでお声がけください。
  • 病院のテレビ・冷蔵庫について

  • 病室の床頭台にはカード式テレビ・冷蔵庫が備え付けてありますのでご利用ください。
  • テレビカードの販売機は、AB病棟:3~6階食堂入口、C病棟:4~6階電話コーナー横に設置されています。残額はカード精算機にて払い戻すことができます。カード精算機は、AB棟1階警備室・防災センター前に設置されています。両替は3会計又はショップ(売店)にてお願いいたします。
  • 個室以外でテレビを視聴される場合は、必ずイヤホンをご利用ください。 イヤホンはショップ(売店)にて販売しています。
  • 入院案内放送(無料)を案内チャンネルで流しております。早い時期にご覧いただくことをお勧めいたします。
  • 当院は、入院患者さんの療養生活をより安心・安全で円滑にするため、病室の各床頭台にタブレット端末を設置し、ピクトグラムシステムを導入しています。ピクトグラムとは、一種の絵文字のことで、伝えたい内容を単純な図で表現し、タブレット端末上で患者さんの状態、入院中のスケジュールや担当医師・看護師名、病院からのお知らせなどを知ることができます。
病院のテレビ・冷蔵庫について
  • 禁煙について

    • 当院は、国より指定を受けたがん診療連携拠点病院の責務として、敷地内全面禁煙としています。
    • 喫煙による身体障害と、受動喫煙による非喫煙者への身体的・社会的影響を考慮し、患者さんは治療上の理由から、ご家族等面会の皆さんについても、敷地内全面禁煙を守っていただきます。
  • 盗難予防について

    • 現金及び貴重品は床頭台のセーフティボックスを必ずご利用ください。
    • 貴重品はご自身または家族で管理をお願いします。
    • 盗難などにあわれた場合、当院では責任を負いかねますので、よろしくお願いいたします。
  • 災害時の対応について

    • AB病棟は病床備え付けのパンフレット、C病棟は各病室出入口にて、非常口、非常階段のご確認をお願いいたします。
    • 非常時や災害時のときは、職員の指示に従ってください。
  • 声の箱について

    皆さんの声を幅広くお聞きするために「声の箱」を食堂・デイルームに設置しています。(救急病棟・緩和ケア病棟は出入口付近に設置しています。)お気づきのことがありましたら、備え付けの用紙にご記入いただき投函してください。お寄せいただいたご意見に対する回答は、AB棟1階プロムナードに掲示しています。

  • その他

    • 治療・看護などについては、担当医師または看護師から説明させていただきます。ご不明な点がございましたら、担当医師または看護師にお問合せください。
    • ご自身の病状や治療に応じ、または他の患者さんの状態により病棟・病室を移動していただくことがございますので、ご協力をお願いします。
    • 診断書が必要な場合は、主治医または4文書受付にお申し出ください。
    • 携帯電話は、他の患者さんの迷惑とならないようマナーを守ってご使用ください。公衆電話は、診療棟1階再来受付機の横にあります。テレホンカードはショップ(売店)で販売しています。
    • ショップ(売店)は教育研修棟1Fにありますのでご利用ください。(営業時間 平日 7:00~21:00 土日祝 7:00~19:00)
    • JA(農協)、イオン銀行のATMが教育研修棟1階に設置されていますのでご利用ください。
    • プライバシー保護のため、病室出入口に氏名の表示はしていません。付き添い・面会の方は、総合案内にて受付をお願いいたします。
    • 外出・外泊は主治医の許可を得た上で、申し出ください。
    • 入れ歯・補聴器・眼鏡等は基本的にご自身または家族の方で管理をお願いします。  
      入れ歯の清掃等、生活支援は行いますが、破損・紛失等管理上の責任は負いかねます。
    • 当院の駐車場は有料駐車場となっております。 入院中の駐車はお断りしています。
    • 入院中の小学生を対象とした「院内学級」があります。利用をご希望の方は、主治医または看護師にご相談ください。「院内学級」を含む院内施設のご案内はこちらをご覧ください。
    • 病院の建物、備品は病院を利用される全ての方のためのものです。大切にご使用くださるようお願いします。(病室内及び器具、備品等を破損された時は、相当代価の弁償を請求することがあります。)
    • 職員へのお心付けは、固くお断りいたします。
    • 病院のWi-Fiは、業務用のため使用できません。
    • 個人情報の関係上、写真・動画撮影や録音はご遠慮ください。

退院

  • 主治医から退院の許可が出ましたら、退院日時をご家族と相談のうえ看護師にお申し出ください。
  • 午前10時を退院の時間とさせていただきますのでご協力ください。治療上の必要がある場合は、この限りではありません。
  • .医療保険申請等に必要な入院証明書等は、診療棟1階にある4文書・時間外受付にて承ります。
    詳しくは各種診断書・証明書等の申込手順をご覧ください。

入院費用

  • 入院治療費は、健康保険法の規定により算定いたします。但し、保険適用外のものについては、愛知県厚生農業協同組合連合会の定めによります。
  • 当院は、入院日の算定にあたり包括評価と出来高評価と組み合わせて計算する「DPC対象病院」となっております。
  • 入院治療費は、毎月月初めおよび退院時に入院請求書をお渡ししますので、その都度、お支払いください。(緊急退院等、即日にお渡しできない場合は、後日ご連絡します。)
  • 「自動精算機」、「3会計」を利用される場合、午前中は混雑しておりますので、午後の利用をお勧めします。
  • クレジットカードでのお支払いも可能です。自動精算機に支払いの際、暗証番号がご不明な場合は、会計3へお越しください。
  • 時間外および休日の入院治療費のお支払いは、4文書・時間外受付で承ります。
  • 毎月保険証の確認を行っておりますので、スタッフステーションまでご提出くださいますようご協力ください。
室料差額

特室および個室を使用される場合は、1日につき下記料金となります。(入院日・退院日の時間に関わらず1日分としてお支払いいただきます。)

  病棟 室料差額 トイレ バス 洗面
特室Ⅰ 4~6 A 16,500円
特室Ⅱ 4~6 B・C 8,800円
個室 3~6 A・B・C 5,500円 -
3 B 3,300円 - - -
2人室 3~6 A・B 3,300円 -

※治療上の必要により病室を変更していただくことがありますのでご了承ください。

高額療養費の現物給付

入院について下記の自己負担限度額を超えたときは、事前に申請することにより高額療養費が現物給付(高額療養費相当分を健康保険の支払い機関から直接病院に支払うこと)されることがあります。詳しくは、病棟事務担当者、総合相談センター、またはお手持ちの医療保険証発行機関にお問い合わせください。

自己負担限度額(暦月単位)
標準報酬月額 自己負担限度額
83万円以上 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
53万円~79万円 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
28万円~50万円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
26万円以下 57,600円
市区町村民税の
非課税者等
35,400円

※「多数該当」:同一世帯で、直近の過去1年間に高額治療費の該当が3回以上あり、4回目から。
※食事療養費の標準負担額、文書料、室料差額ベッド代などは、高額療養費には含まれません。

■認定書の発行
現物給付を受けるためには、治療を受ける医療機関へ事前に認定証の提出が必要となります。自己負担限度額には所得による複数の区分があることから、医療機関の窓口ではその区分を明らかにするため、被保険者(患者さん)の申請により、「限度額適用認定証」(低所得者の方には「限度額適用・標準負担額減額認定証」)が個人ごとに交付されます。申請についてのお問い合わせは、お手持ちの医療保険発行機関にお問い合わせください。
入院の際には、この認定証を医療機関の窓口に提出して、高額療養費の現物給付を受けることになります。

出典:厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000209857.pdf)

その他

医療安全

医療事故を防止するためには、患者さん・ご家族の協力が欠かせません。皆さんに医療安全に参加いただき、パートナーシップの強化を図ることが安全の第一歩と考えています。
入院時にお渡ししております「医療安全組織文化づくり宣言 -5版-」を必ずお読みいただくようお願いします。

入院中の当院で受けた医療行為(投薬・注射・検査・治療)・医療安全に関し気づいたこと・アイデアがありましたら遠慮なく、巻末の「医療安全提案メモ」にてお寄せください。

医療安全

  • 患者さん・ご家族もご自身で確認を

    各種書類を渡された時、注射や検査が実施される時などに、ご自身の氏名記載の有無、実施されるのは何かなど、まずご自身で確認していただきますようお願いいたします。

  • 患者間違いを防ぐために

    当院では、本人確認のために、氏名・生年月日をお伺いしております。また、入院されましたら、ネームバンドを装着していただき、手術、検査、注射、処置を行う時には、ネームバンドで本人確認をさせていただきます。注射、採血、輸血実施時には、このネームバンドのバーコードを読み取ることで、患者間違いや薬剤間違いを防止しています。

  • 転倒・転落事故防止のために

    病院での入院環境は、住みなれた家庭とは異なります。環境の変化に加え、病気やケガによる体力や運動機能の低下などにより、思いがけない転倒やベッド等からの転落の危険性があります。転倒・転落により入院期間が延長することは、患者さんにとってつらいことです。必要に応じてベッドの工夫、ベッド柵の使用、離床センサー装着などの危険防止対策をとらせていただくことがあります。また、履き物はすべりにくい履き物をご準備いただき、スリッパ・サンダルはおやめください。転倒・転落の危険性についてご理解いただき、転倒・転落防止にご協力をお願いいたします。

  • 安心して治療を受けていただくために

    入院・退院時および治療・検査などを行う場合、医師が病状やその治療・検査の必要性・効果・危険性などについて説明をいたします。ご理解・納得いただいた後、必要な用紙に署名いただくことがあります。
    説明を受ける場合は、できれば患者さんお一人ではなく、ご家族の方と一緒にお聞きいただくことをお勧めいたします。また説明をご希望する日時を主治医もしくは看護師にご連絡ください。説明日時の調整をさせていただきます。

  • 食事について

    食物アレルギーや宗教上の理由があり食べてはいけない食材、医師から治療上、制限するよう言われている食物(塩分・納豆など)がありましたら、主治医にお知らせください。

  • 入院中に不安なことや相談があれば

    入院中に「治療や職員に関して疑問や不安なことがあり、相談したい」ということがありましたら、病棟看護課長にご相談ください。相談内容により総合相談センター、医療安全相談窓口にて、医療ソーシャルワーカー、看護師、事務員等、メディエーションスキルを持った専門職員が対応いたします。
    (※医療メディエーターは、中立第三者として患者さん側と医療側の話を聞く役割を担います。)

感染対策

医療従事者は院内の感染防止マニュアルにしたがって医療行為をしています。
病院内にはいろいろな病原菌をもった患者さんが入院しています。重症患者さんや抵抗力の弱い患者さんは、感染しやすい状態になっています。
下記についてご協力をお願いします。

手洗い・手指消毒について

1. 感染予防のため、病室への入退室の際は、病室前に備え付けの手指消毒薬の使用、あるいは洗面所での手洗いにご協力をお願いいたします。
面会の方にも、同様の手指消毒にご協力いただいております。

咳エチケットについて

2. ・咳やくしゃみがある時はマスクを付けてください。
  ・咳やくしゃみをする時は、だえきや痰が飛び散らないようにハンカチやティッシュで、口と鼻を覆ってください。
  ・咳やくしゃみをした(痰や鼻汁に触れた)後には、手を洗ってください。
  ・医師や看護師からマスクの着用をお願いすることもありますのでご協力お願いいたします。

面会について

3. ・感染防止のために、大勢での面会や小さなお子様連れ、ペット同伴での面会はご遠慮ください。
  ・感染症(例:インフルエンザや流行性感冒・風疹など)治療中の方は面会をご遠慮ください。
・地域及び病院内の感染症発生状況によっては面会を制限させていただく場合がありますので、ご理解とご協力お願いいたします。

洗濯について

4. 感染防止のため汚染された衣類などはすみやかに持ち帰り洗濯してください。

その他

5. ・感染対策を行ううえで主治医等が必要と判断した場合、部屋の移動および個室管理とさせていただく事がありますので、ご協力とご理解をお願いします。
  ・加湿器の持ち込みはご遠慮ください。
他院での診療・投薬
  • 原則として、当院入院中に他院での診療や投薬を受けることは出来ません。

    例:他の病院・医院で診療を受ける。
    例:薬だけを受け取る。(家族の方が薬を受け取りに行く)

    等があてはまります。
  • 可能な限り、予定されている入院期間中のお薬を、あらかじめその病院で処方していただいておいてください。
  • 入院中に当院以外の病院・医院へ受診(薬のみも含む)される場合は必ず主治医・看護師へご相談ください。
  • 主治医が、「当院ではできない専門的な診療や治療等が必要」と判断した場合は他院へ紹介をさせていただきます。
総合相談センター
ある日突然の事故や病気、そして長い療養生活、あなたやご家族が、今、困っているこはありませんか?
  • 医療福祉相談課(療養生活で困ったら医療ソーシャルワーカーにご相談ください)
  • がん相談支援センター(愛知県より地域がん診療連携拠点病院に指定されています)
  • 弥富市地域包括支援センター(弥富市より高齢者の総合相談を受託しています)
  • 海南病院介護保険相談室(ケアマネジャーが在宅の介護生活を支援します)
  • 地域医療連携センター(紹介予約やかかりつけ医さがしなどのお手伝いをします)
例えば…
  • 医療費について
  • 介護保険制度について
  • 住宅改修について
  • 在宅介護の準備をしたい
  • 健康保険・年金について
  • 退院後の社会復帰について
  • 転院先を探したい
  • がんの治療・療養生活について
  • 収入がなくて困っている
  • 施設を探したい
  • ベッドなどの介護用品について

・・・など

患者さんおよびご家族のお困りごとについて相談支援します。相談は必要に応じて医師や看護師、その他関係機関の人々と連絡をとりながら進めていきます。プライバシーは守ります。
診療棟1階に設置しています。

当院へのご質問・ご意見など、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ